Category Archives: 未分類

高速4WDモデルの研究が栃木の実験部で

機関設計部は輸出用の剛4エンジンをベースにしたGTlR専用の2354ツィン・
ターボ・エンジンの開発にさっそく着手した。しかし実はこの頃、商品本部がリードする
形でR訓型スカイラインGTSをべIスにした、さまざまなトライアルが行われていた。
そのひとつはR瓠型スカイラインのグループAレース用ベースモデル、GTSlRの限定
発売である。

車、好きですか?←車好きならこちら!

R訓型GTSlRはGTIRのための踏み台だった
伊藤主管は、「次期型GTlRの練習のつもりで作りました。このモデルは限定モデル
で、通常のライン設計部隊を使わず、役員会にもかけませんでした」と語っている。GT
SlRはRB別DET型エンジンの排気系、ターボチャージャー、インタークーラーなど
を中心に容哉アップをはかったモデルで、ごく短期間のうちに開発され、この限定モデル
は師年8月に発売されている。
さらに、R釘型をベースにした高速4WDモデルの研究が栃木の実験部で行われていた。
「R釧型をベースに、ファーガソンタイプの4WDシステムを組み込み、4WDシステ
ムの研究をしました。この時は謁酔閃のトルク配分でした。この4WDシステムはあるて
いどまとまったためR剖型として発売しようかとも思いましたが、すでに開発に入ってい
た次期型できちんとやろうということにしました」と伊藤主管は語っている。

これは、本格的な高速4WDシステムは、スカイラインで採用したい、そしてそれは必
ず玉成できるはずだ、という伊藤主管の確信でもあった。このようにして、次期GTIR
に4WDシステムを採用する案が浮上してきた。当初はR証型でトライされたファーガソ
ンタイプの4WD、つまりセンターデフ+ビスカスLSDによる4WDシステムが前提と
されていた。

EC082_L

まずGT‐Rのための超高出力エンジン

ボディのパッヶージング/レイアウトは、従来になく明快であった。
「目標がはっきりしており、何を捨てるかということが絞り込まれていました。スカイ
ラインは右ハンドル専用ボディで、従来よりリヤ・スペースやトランク・スペースを切り
詰め、全高を低くし、そしてフラッシュサーフェスを徹底しました。そしてボディそのも
のはねじり剛性、サスペンションの取り付け剛性などを最も重視することにしました」
(岩崎主幹)
伊藤主管の、伸ばすべきものは伸ばし、切るべきものは切るという、大胆な割り切りに
よって、明快なパッケージング/レイアウトが実現しようとしていた。従来路線のアップ
サイジングでは、あらゆる項目が旧型モデルを上回ることが必須とされてきた。このよう
な発想では、けつきよくあらゆる部分が肥大化し、結果的にはクルマのバランスやコンセ
プトそのものを阻害してしまうのだ。次期型スカイラインは、このような悪循環を打ち破
ることになったのである。
スカイラインシリーズの頂点に位置するGT‐Rの開発構想は、最初から伊藤主管の脳
裏にあった。そしてその構想の根幹をなすのは、まずGT‐Rのための超高出力エンジン
であった。

とことん車が好きなら→こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

最も初期の構想では、GT‐RはFR/2WDとして企画され、搭載エンジンは2.3
54ターボで260.280PS、そして車両重量は1250地ていどが目標となり、
したがって馬力荷重は妬昭/PSがターゲットとされていた。

これならグループA規則による最低重量は1180蛇とすることができるからである。

EC082_L

テストドライバーの主張評価がデザインとして

エクステリアのスタイリング案は、%モデルで8つ提案され、これがA、Bの2案に絞
歴代スカイラインのイメージが大切にされたり込まれた。
「スケッチは、割りと早く描くことができました。列モデルの段階ではそれぞれのテー
マがはっきりと表現されていました。それが%クレイモデルになると