高速4WDモデルの研究が栃木の実験部で

機関設計部は輸出用の剛4エンジンをベースにしたGTlR専用の2354ツィン・
ターボ・エンジンの開発にさっそく着手した。しかし実はこの頃、商品本部がリードする
形でR訓型スカイラインGTSをべIスにした、さまざまなトライアルが行われていた。
そのひとつはR瓠型スカイラインのグループAレース用ベースモデル、GTSlRの限定
発売である。

車、好きですか?←車好きならこちら!

R訓型GTSlRはGTIRのための踏み台だった
伊藤主管は、「次期型GTlRの練習のつもりで作りました。このモデルは限定モデル
で、通常のライン設計部隊を使わず、役員会にもかけませんでした」と語っている。GT
SlRはRB別DET型エンジンの排気系、ターボチャージャー、インタークーラーなど
を中心に容哉アップをはかったモデルで、ごく短期間のうちに開発され、この限定モデル
は師年8月に発売されている。
さらに、R釘型をベースにした高速4WDモデルの研究が栃木の実験部で行われていた。
「R釧型をベースに、ファーガソンタイプの4WDシステムを組み込み、4WDシステ
ムの研究をしました。この時は謁酔閃のトルク配分でした。この4WDシステムはあるて
いどまとまったためR剖型として発売しようかとも思いましたが、すでに開発に入ってい
た次期型できちんとやろうということにしました」と伊藤主管は語っている。

これは、本格的な高速4WDシステムは、スカイラインで採用したい、そしてそれは必
ず玉成できるはずだ、という伊藤主管の確信でもあった。このようにして、次期GTIR
に4WDシステムを採用する案が浮上してきた。当初はR証型でトライされたファーガソ
ンタイプの4WD、つまりセンターデフ+ビスカスLSDによる4WDシステムが前提と
されていた。

EC082_L