創意の芽を摘みとるな

ビスタ/カムリはトヨタとしては中級の上の格なので、できるだけFF車の癖を出さないようにしたことが運転ではかえって特徴がなくなっている。
実用的にはそのほうが安全で、だれにでも同じような運転が出来るはずである。
この車はサイズ以外はコロナ/カリーナなどと近い。
ただし開発時期が新しいぶんだけ操縦性などが大人っぽくなっている。
全体に内装などに凝りすぎたためにどのモデルも重量が重くなった。
とくにV6のプロミネントは重い車である。
運転上からの見地では4ドア・セダンと4ドアHTの違いはない。
最新型では、シートの高さ調節のほか、ハンドルは、傾きと前後の調節ができるテレスコピック調節もつき、ドライピング・ポジションの決め方は自由度が大きい。
車体の丸みがふえたので運転席からは、できるだけフードの角が見えるように座ったほうが狭いところでも車の幅が分かっていい。
全体に運転しやすい車である。
まずエンジンではハイメカ・ツインカムの3SlFE型が吸気系の改良により最高出力が別pSもふえただけでなく、低回転での加速レスポンスが良くなっている。
一定速でクルージングしている時のスピード調節は楽になった。
ところが、このクラスではもうオートマチック車が常識だが、この4気筒モデルは長距離の燃費をよくするためにエンジン回転を抑えるギア比にしてある。
そのためDレンジのまま走っていると加速時に1段キック・ダウンしてから加速することが多いので、ATの自動変速が気になる時にはOD/OFFにして走ったほうがいい。
←こちらからどうぞ。

FF072